top of page

左右から聞こえる音の誤差が覚醒を呼び起こす

更新日:2019年5月3日


バイノーラル・ビート
左右の耳に違う音を流すと覚醒が起こる

右耳と左耳、 微妙にちがった音程を 同時に響かせながら 瞑想している境地に はいれる方法があります。


ちょっとマニアックになりますが バイノーラル・ビート(Binaural Beats) と言うジャンルで、検索すると CDやデジタル音源が たくさん見つかると思います。

なかでも一番、有名なのは ロバート・モンロー博士の へミシンク(Hemi-Sync)です。 ヒーリング・ミュージックとして 純粋に音楽を楽しめるクオリティの CDシリーズ、特に J.S.エパーソンさんの アンビエント・ミュージックは 繊細でメロディアス、おすすめです。

それでも、本当に左右の耳から 微妙にちがった音程を聞いても 大丈夫なんでしょうか?

このバイノーラル・ビート・ フリークエンシー、実は 太古から世界各地で同じような メソッドが使われていました。



チベット、ネパールそして アジアから離れている南米の ペルーなどでは、 伝統的な音の癒しに 金属のシンギング・ボールを 使ってきました。

左右から、微妙に音程が異なる シンギング・ボールを 響かせると、神様とつながり、 神聖なる覚醒が起こりました。

また、近年では クリスタル・ボウルでも バイノーラル・ビート・ フリークエンシーの テクニックは使われています。





Commentaires


bottom of page