今、話題のソーシャルメディアで

オリジナル瞑想音声を

癒しの音と共に

発信しませんか?

スクロールして

続きを読む

セッション、クラス、

お茶会やセミナーだけが

瞑想の場所では

ありません。

時代の求めているのは

即効性です。

心地の良く

クリアに聞こえる

オリジナル瞑想音声を

多くの人々に届けましょう。

変容する時代には

ガイドが必要です。

あなたが

スピリチュアル・リーダー

ヒーラー

セラピスト

ヒーリング音楽家

ヨガの先生など

癒しのエキスパートなら

光の使命に

目覚める時です

光の使者のミッションは

癒しのヴォイスで

瞑想を導き

心の平和を

サポートすること

マイノリティだと

思われていたけど

瞑想のコミュニティは

アプリにも登場していた

Insight Timerと言うアプリを

ご存知ですか?

世界中の人々と瞑想を共にできる

スマートフォンのアプリです。

2014年よりスタートして

年々と拡大しています。

https://insighttimer.com/

マインドフルネス瞑想が

組織、団体、企業などの

浸透しているとは言え

多くの人々は

まだ、どこでも瞑想出来るほどの

達人レベルではありません。

しかし、

何かのサポートツールがあれば

心の中の静かな場所に

ストンと落ちて

「穏やか」モードになれるのです。

例えば上記の

Insight Timerと言うアプリに

音源ファイルを

アップロードするだけなら

それほどクオリティは

問われませんが、

ノイズが多く、

音声が聞き取りずらいと

瞑想の妨げになります。

また、著作権のある音楽を

使用してしまうと

後から問題が発生してしまう

場合があります。

そのためにも

オリジナルの瞑想音源を

作って準備することは

徳作です。

一度、綺麗な音源を作ってしまえば

YouTube

フェイスブック

Note

Twitter

インスタグラム​

アメブロなどのSNSで

同時に拡散することが

可能になります。

もちろんコンテンツ販売

電子書籍やセミナーの

プレゼントにも

ご使用になれます。

あなたの瞑想のガイド音声に

感動して

あなたのセッションに

申し込んでくれる可能性が

高くなります。

世界への恩恵

×

サービスの認知度

この二つを

同時にアピールできるのが

オリジナル瞑想音源で繋がる

コミュニティ作りです。

まだ日本人の参加者は

少数派です。

これからも

瞑想の

コミュニティサイトは

増えていくと

言われています。

世の中が

変容していることで

ストレスを抱えている人が

大勢いるからです。

ただ、だまって

世界を癒しているだけでは

あなたの真のメッセージで

立ち止まっている誰かを

前向きに行動させることは

出来ません。

世界への恩恵

×

サービスの認知度

世界に向かって

愛の波動を放ちながら

あなたのことを

もっと知ってもらってください。

あなたがやることは.....

ステップ1

瞑想のガイド音声を録音する。

ステップ2

音声ファイルをメールに添付して

meoleeTube@gmail.comへ送る。

ステップ3

お好みのサウンドを決める。

自然音、特殊な周波数、音色、音楽ジャンルなどをカスタマイズしてください。

または、著作権フリーの音楽素材を送ってください。

あなたがやることは.....

ステップ1

瞑想のガイド音声を録音する。

 

慣れていない方のために

瞑想誘導スクリプトの

テンプレートを

ご用意いたしました。

テンプレートを

埋めるだけで

オリジナルの誘導文が

出来上がります。

ステップ2

音声ファイルをメールに添付して

meoleeTube@gmail.comへ送る。

ステップ3

お好みのサウンドを決める。

自然音、特殊な周波数、音色、音楽ジャンルなどをカスタマイズしてください。

または、著作権フリーの音楽素材を送ってください。

その後の流れは.....

ステップ4

音声のノイズ消し

音量調整

ステップ5

バックグラウンド音源制作

ステップ6

ミックスダウン

瞑想音声とバックグランドサウンドが

最適なバランスで重なり合います。

ステップ7

メールに添付して

2点のファイルを

納品させて頂きます。

 ⑴ 声入りの瞑想音源

 ⑵ 声無しの瞑想音源(カラオケ)

 声の無い音源は

 実際の瞑想会や

 他の瞑想録音の

 バックグランドサウンドに

 ご使用になれます。

オーダーメイド瞑想音源

オーダーメイド瞑想音源

¥6,300価格

瞑想とは、自分自身の力で脳を刺激し、ゆっくりと脳を変化させていく作業と言えます。

最新脳科学の研究報告より